ビジネス

今まで続けてこれた秘訣を教えないと・・・と言われたら・・・

こんにちは!株式会社HGC代表取締役の萩原です。

今度の4月で創業10周年になるのですが、正直、自分が10年前に思っていた状態よりも遥かによい状態で10周年を迎えられていると感じます。これも全てのご指導ご支援いただいている皆様のお力によるものであります。本当にありがとうございます。

さて、最近舞台事業部に関わっていて、夢を見ながら芸術の道に打ち込んでいる若者と接する機会が多々あります。多々あるのですが、ものすごくモヤモヤします。

「なんでこの子らはこんなに何も考えずに生きてるんだろう。人生って一瞬で終わってしまうのに・・・」

と感じるからモヤモヤするのです。しかし、なんで自分は10年も続けてこれたんだろう。なんで自分は死なずにうまくやれたんだろうと言われたら、もうこのDVDをアホほど見てるからがその答えです。冗談ではなく200回とか300回とか見ています。それがこちら。

(この画像↑をクリックするとアマゾンのページに飛びます)

これのDISC1の第二章「手段」が超ウルトラスーパーハイパーワンダーベリー秀逸な内容です。てかそれ以外は観なくて良い(失礼)

島田紳助さんが、NSCの若手に対してどうやったら売れるかということを喋ってるんですが、テーマである漫才をビジネスに置き換えたら、完全にビジネスパーソン向けの内容になります。はっきり言って、これに出会ってなかったらもう僕は廃業してサラリーマンをやっていたでしょう。それぐらいのインパクト。全ビジネスパーソンはこれを買って、もう紳助さんの口ぶりを真似できるぐらい何度もリピートして観て欲しい。実際僕は口ぶりを再現できるぐらい観てます。

そして、このブログを見てくれている舞台事業部の関係者は特にこれを観て欲しいです。まじで素晴らしい内容だから。特に若手。人生は短い。思い切り走るにも正しく走らないと間違った目的地について、その後ぐちぐち言いながら一生を過ごす羽目になるぜ。まじで。そんなツレ山ほどいます。

しかしこんなものが5000円ちょっとで買えるんですよね。これって紳助さんが35年ぐらいかけて培ってきた成功ノウハウなんですよ。それがわずか5000円ちょっと。良い時代だ〜

なんて良い時代に自分は産まれてるんだろうとよくわからないベクトルの感謝の念まで産まれてくる始末。ありがたや〜

関連記事