日々のできごと

スマートホーム道のり半ば

こんにちは!株式会社HGC代表取締役の萩原です。

弊社は今年は4日から始動!ということで、おやすみも今日と明日の残り二日となりました。先日の記事でスマートホームに向けて取り組んでるという話をしたのですが、まずはテレビ、照明、エアコンをスマホで動かせるようにしてみました。

なんでもやってみないと分からないもので、やはりエアコンを遠隔操作できるようになると、これはなかなかに便利です。ちなみにスマホの画面はこんな感じ。

この画面では気温だけがでていますが、エアコンのアイコンをタップするとこんな感じになります。

湿度もわかりますし、設定温度もこの中央のバーを動かせば自在にコントロールできます。さらにオートメーションと言いまして、特定の条件になったらエアコンを動かすような条件付けをすることができまして、いくつか設定してます。

こんな感じです。体感気温で、20度とか21度が快適な気温のようで、その前後でエアコンを切ったり付けたりというオートメーションを入れてみました。これはなかなかに快適で、暑くなったなと思ってエアコンを見たら勝手に切れています。

逆に朝は7時には自動的に付けるオートメーションが入っていますが、今朝は5時すぎの段階で19度以下になっていましたので、既に7時の時点でエアコンは動いておりました。

こんなことがスマートリモコンを1つ導入するだけでできるんですから、良い時代になったんだな〜と思います。ちなみに僕が買ったスマートリモコンはこちら

あと、照明もこちらの機材をライトと根っこの間に取り付けてスマートホーム化してみました。

照明は・・・ちと微妙です爆

照明をスマートホーム化するとどうなるかというと、オン・オフのトリガーになるのが、「壁についてるスイッチ」「この機材のリモコン」「スマホ」「照明から降りてきてるヒモ」の4種類も存在することになります。スマートホームを完遂するのであれば、「照明はスマホでのみコントロールする」という状態を作り出し、それを続けないといけません。

それの何が問題かというと、よくあるケースが「壁についてるスイッチで照明を切ると、スマホのスイッチを入れても照明が点灯しない」ということ(!)そうなんです。スマホのコントロール力よりも、物理スイッチである壁についてるスイッチの方が優先度が高く、これにはスマホでは抗えないんですね〜(残念〜)

これって結構クリティカルなことで、ことエアコンは「スマホ以外でコントロールするな!」と家族に言うことはできます。というより、「エアコンは俺がコントロールするから触らないで」と言っておけば例えば僕の家族は全くエアコンを触りません。

これが照明ならばどうでしょう。

「リビングの照明は俺がコントロールするから壁のスイッチを触るな!」と言ったところで、家族はそんなの聞いちゃあいません。特に娘と妻。

朝起きたら娘は照明は付けるし、夜中に赤ちゃんが起きたら照明付けてなんやかんやと妻は家事をこなさないといけない。そんな時に「アホか!うちはスマートホームやねんからスマホで照明もコントロールしろボケ」とは言えませんよね。

なので、なんでもかんでも家中をスマートホーム化するのも考えものなんだなぁと早くも学ばせていただいている年末年始のおやすみとなりました。

なお次のスマートホームのターゲットはカーテン。こちらの機材を取り付け、まずはリビングのカーテンを自動コントロールできるようにする予定です。

引越しが8月の予定なので、それまでに一連のスマートホーム化は進めておいて、今回照明で得たような知見を貯めていく予定です。

それでは!

関連記事