ビジネス

俺すごいぞ病

こんにちは!株式会社HGC代表取締役の萩原です。

俺すごいぞ病。

そんな病気ないんですけどw

この病気に僕自身も昔かかってまして(汗)サラリーマン時代は自分がいけてるって本当に心の底から思ってました。今思えばお恥ずかしい限りです。当時の関係者に謝罪行脚したいぐらいに。

当時の自分を思い出して何がイタイ奴やったかというと、「俺はこの給料よりももっと価値がある人間で、もっと給料をいただくべき人間なんや!」と心から思っていたことです。(アホ〜〜〜〜ええ加減にせ〜〜〜〜〜い!)

これ先日幹部と話していて思うんですけど、やたらと転職シマくる人って世の中結構いるじゃないですか?

別に一度きりの人生なんで、何度転職しても構わないんですけど、転職すると新しい会社では「新人」という扱いになります。これは自分が何歳になって転職してもそうです。「新人」です。転職してきた「新人」を会社は最初は重宝しません。半年経ち、一年経ち、「あ、この人はこういう風に働いてもらえれば輝くんだな」と周りにわかってもらって、ようやく転職した先の会社でのポジションが確立されていきます。

スカウトやリクルートされて会社を変わるケースは違いますよ?あくまで自分で転職活動するケースに限定しての話です。

そうなると、転職する度に新人になり、キャリアはゼロにはならないですけれど、まあゼロクリアに近くなります。

勘違いしてはいけないのが、キャリアアップしながら会社を変わっていく人っていうのは自分で転職活動してないんですよ。素晴らしい人だ、素晴らしい仕事だという「評判」が広がって、転職先から声をかけていただいて会社を変わってるんです。

これをわかってない人が多すぎる。マナビーをやってるからこれを余計に感じるんですけど、ここをわかっていない限り、キャリアはなかなか広がりません。ちなみに独立なんて余計にそうです。周りから「絶対に独立した方がいいよ。こういう風にサポートするよ?」って言ってもらうぐらいの人じゃないと絶対に成功しません。独立は。

僕はサラリーマンをやっていた6年間の後半は、いろんな人から「独立してやってみたら?」と言われたのでやってみようかとなって。その上で師匠を見つけて修行した上で独立したので、今までやってこれたとも言えます。

なので何にもそんなことを言われたこともなく、かつ師匠もおらず独立したらまぁ100%失敗します。

まとめると、キャリアやお給料をアップしたいなら、今の仕事できちんと成果を残す。その上で、まずは今いる会社で給料アップ・出世するのが第一。

その上で自分の仕事の評判・評価が広まり、声がかかったら初めて転職を検討する。これが王道です。ていうか、うまくいってる人はみんなこのパターン。まずは今の職場で結果を残さないとキャリアも収入もアップしません。文字にしたらなんだか当たり前ですけれど。

自分で転職をどんどんしている限り、なかなか難しいです。まずは目の前の仕事にフォーカスです。

関連記事