HGC

HGC

創業者BLOG

社内イメージ

Trade deadline

2023/02/10

こんにちは!株式会社HGCホールディングス創業者、株式会社manaby取締役の萩原です。

いやー、びっくらこきました。

NBAブルクッリン・ネッツ渡邊雄太選手応援ブログを兼ねている(?)このブログではこれを取り上げる必要がありましょう。

NBAにはTrade deadline(トレード期限)というものがありまして、その期限までであれば、自分のチームにいる選手と他のチームの選手(もしくはドラフト指名権利or金銭)と交換することができます。

シーズンも6割7割ぐらい進んだ段階でこのTrade deadlineがありますが、ここでは超一流のスター選手がトレードされることはそんなになくて、優勝を狙うチームはスターをサポートできる選手の強化を狙って。優勝を諦めたチームは、来年以降のドラフト権利を狙ってトレードを画策します。

で、です。今年のTrade deadline。

ネッツは2大スーパースターの1人、アービングが期限を前にチームにトレードを要請(!)それを受けてチームはアービングをトレード。さらにもう1人のスーパースター、デュラントもその煽りを受けてトレードされて、まさかのネッツは優勝候補チームから「やたらと気合いの入ったディフェンダーがたっくさんロスターにいるチーム」に変貌を遂げました。

と言いますのも、スーパースターをトレードする時というのは、引き換えにスターを貰うのが一般的なのですが、ネッツは今回のトレードで引き換えにもらったのは、スターというよりはディフェンスに気合が入ってて、オフェンスもなかなかの好プレイヤー4人。

元から渡邉選手をはじめとして、ディフェンスに気合入った選手がロスターにいますから、面白いぐらいにディフェンスが強い選手ばかりが集まってまして「この選手はそこそこディフェンスいいよな」っていう選手が10人ぐらいいます笑 こんなロスター見たことないです。

Trade deadline後の最初の試合が今朝あったのですが、渡邊選手はいつも通りの活躍!僕は胸を撫で下ろしました。

やたらとナイスディフェンダーばかりが揃ったネッツですが、(意外と)強かったです。全選手が揃ってない状況でも、まず全員が全プレイに全力なのがいいですね!なんだか立場は違えど、自分も若かりし頃を思い出すと言いますか。

やっぱりスーパースターがいたら、その選手に頼ってしまう気持ちがこのレベルのプロでもあるんだなぁと。なんだってまずは気持ちだよなぁと学ばせていただきました。

それでは!

https://www.ac-illust.com/